やっぱりお寿司が食べたい。オランダのスーパーで買えるのり巻き

レビュー

こんにちは、まと (@matotje) です。

最近、お寿司が無性に恋しくなります。

オランダではお寿司が大人気で「SUSHI」として親しまれています。

 

デリバリー寿司はもちろん、スーパーでもお寿司の専用コーナーが設置されているほど。

特にスーパーで販売されている「パック寿司」はずっと気になっていたんですが、海外スーパーの寿司ってちょっと気が引けるなと思っていて。今まで試したことがなかったんです。

 

無性にお寿司が恋しくなったのでスーパーのお寿司、トライしてみました。

スーパーで買えるお寿司

ででん。パックのお寿司、1パック €4(およそ500円)ほどでした。

ラベルをみると、HOSOMAKI(細巻き)の表示が。

日本語の名前そのままってのがおもしろい。

お寿司はおはし・醤油・わさび付き

お寿司パックの中には、おはし・醤油・わさびがついてました。

日本の寿司パックと同じスタイルで、なんだか懐かしい感じ。

日本の醤油とわさび

中の醤油とわさびは、どちらも日本製!

ただ、さかな型の醤油って日本だとお弁当についているものだったような。

ミニおはし

使い捨てのおはしも入ってます、ミニおはし。小さい!

4種のりまきセット

個性的な味のバリエーション

中身は4種類の細巻き入り。

食べてみたら、酢飯の味はすれどご飯がボソボソしてしまって粘り気がないお米なのがちょっと残念。

味の種類は、左から「かっぱ巻き・すり身ペースト巻き・カニカマ巻き・サーモン巻き」。

わたし鉄火巻きが大好きなんですが、ここにはなかった!

日本でカニカマとすり身ペーストの細巻は見たことがないので、どんな味なのか気になります。

かっぱ巻き

まずはかっぱ巻きから。

安定のお味。きゅうりはシャキシャキっとしてますが、お米はやっぱり口の中でボロボロ分離しちゃいます。

サーモン巻き

続いてサーモン巻き

サーモンのそのままではなく、ペースト上にしたサーモンが入ってます。

サーモンペーストの味が思った以上に濃厚クリーミーでおいしい!

カニカマ巻き

初めて食べるカニカマ巻き

口に入れると、カニカマの存在感が薄くてほとんど酢飯と海苔の味……!

なぜにカニカマを入れようと思ったのか(笑)

すり身ペースト巻き

こちらも初体験のすり身ペースト

よくよく中身を見てわかったのが、すり身っていうのはカニカマのことらしい。

カニカマ再び(笑)

中身は細切れにしたカニカマとマヨを和えたお味。ペーストがオレンジっぽいのは調味料にパプリカが使われていました。

カニカマはオランダで大人気なのかも。

意外にお米との相性がよく、すんなり食べられました。

 

 

初めてスーパーのパック寿司をトライしてみました。

お寿司のお米が日本米じゃなかったのがちょっと残念でしたが、日本ではお目にかかれないようなネタもあってかなり斬新な細巻き体験でした。

次は細巻だけではなくて、にぎりにも試してみたいなと。

 

ではまた!