一度は試したいオランダの美味しい朝食パン5選

カルチャー

朝食はごはん派ですか、パン派ですか。

オランダでは基本的にあたたかい食事は「夕食」のみ。朝食はパンを中心にサクッと手軽に済ませます。

 

オランダで生活していて驚くのはパンの種類の多さ。

日本ではあまり見かけないようなパンがたくさんあって楽しいです。

今回は、オランダの朝食でよく食べられる「朝食パン」を5つ紹介します。

 

Beschaut(ビスハウト)

オランダのスーパーへ行くとまず目にするのがこの「Beschuit(ビスハウト)」。

発音似てますが、ビスケットではないです。

 

ビスハウトは平べったく丸い形をしていて、ラスクのような見ため。とても軽いです。

ラスクよりも軽いサクサク・カリカリ感が特徴。

手頃な値段で、スーパーでは一袋(13個入り)が€1以下で購入できます。

食べ方は、ビスハウトの上に好きなだけバターを塗ってからお好みのトッピングをのせるだけ。

わたしは生ハムやクリームチーズをのせるのがお気に入りです。

焼いたり温めたりせず、そのままガブっっと。忙しい朝にぴったり。

 

ビスハウト自体は水分感がなくカラカラしているので、バターをたっぷり塗るとより美味しくいただけます。

軽い食感で消化にいいので、オランダでは風邪をひいたときの定番なんだとか。日本のおかゆ的なポジションなのかと。

Ontbijtkoek(オントバイトクック)

2つ目は「Ontbijtkoek(オントバイトクック)」。

オランダ語の「ontbijt(朝食)」と「koek(クッキー)」からなる言葉で、直訳すると「朝食クッキー」。

ただ、クッキー感は全くなし(笑)

 

どちらかといえばケーキのような見た目。名前のとおり朝食によく登場します。

ジンジャーとスパイスのライ麦パン

ジンジャーとスパイスからなるほんのり甘いライ麦パンです。

スパイスが使われているので、一口食べるとクリスマスを彷彿とさせるような味。

 

パウンドケーキっぽい食感ですが、なんとなく昔ながらの黒糖パンにもちょっと似てるかも。

細長い長方形のかたちで販売されていて、好みの大きさにスライスして食べます。

美味しいバターをたっぷり塗って、紅茶と一緒に食べるのがお気に入りです。

Krentenbol(クレンテンボル)

krentenbol(クレンテンボル)」は、いわゆるレーズンロール

日本でもよく食べていたので、どことなく親近感があります。

オランダだけではなくて、ドイツやベルギーでも手に入ります。

 

レーズンがとにかくぎっしり

日本のレーズンロールと比べると、クレンテンボルはレーズンがよりぎっしり詰まっていて食べごたえ満点、粒も大きめ。

日本のようにバターマーガリンは入っていないので、ナイフで切り込みを入れて別途スプレッドを塗って食べます。

 

おすすめの食べ方は、スライスチーズをはさんで食べる方法。

おすすめの食べ方: バター + スライスチーズ

レーズンの甘みとチーズの塩気のバランスが絶妙でおいしいです。