オランダで衝撃をうけた10の食文化と食べ物

カルチャー

こんにちは、まと (@matotje) です。

オランダで生活していると、日本とは異なる食文化にびっくり&衝撃体験をすることがよくあります。

日本ではまず見かけないような珍味を発見したり、今まで見たこと・食べたことがないものに出会ったり、食事の習慣がちがっていたり……。

 

異なる土地の食文化っておもしろいです。

オランダの食は「おいしくない」って言われることが多いですが、個人的には質素に素材の味を楽しむような食文化が充実していて、おいしいものも沢山あると感じています。

 

今回はオランダのびっくり衝撃をうけた10の食文化・食べ物について紹介します。

オランダ家庭の食事編

1. 主食はとことんじゃがいも

オランダの国土面積は日本の九州ほどの大きさなのに、農産物輸出額は「世界第2位」の農業大国。

新鮮でおいしい野菜が手ごろな価格で手に入ります。

そんなオランダの主食といえば、もっぱら「じゃがいも」。

とある日の夕食 サイコロじゃがいもが主食

夕食には、必ずと言っていいほど主食にじゃがいもが登場します。(オランダではあたたかい食事は基本的に夜だけ)

夕食のメニューはたいてい「お肉・野菜・じゃがいも」の3点セットの組み合わせ。

 

主食としてのじゃがいも調理のバリエーションにはいつも驚かされます。

サイコロ状・輪切りスライス・細切り・フライ・マッシュポテト…etc。

その日によってあらゆる形状で楽しまれてます。

 

個人的には「塩こしょう・バター・生クリーム」のマッシュポテトが、やさしく懐かしい味で好きです。

どんな料理にも合わせやすくておすすめ。

オランダの家庭料理 stamppot(スタンポット)

そして、オランダの家庭料理といえば「Stamppot(スタンポット)」。

スタンポットとは、マッシュしたじゃがいもに野菜やベーコンなどお好みの材料をミックスして塩こしょうで味つけしたもの。

素朴な味で、オランダのお母ちゃんの味といえばこれ。

大きな燻製ソーセージを付け合わせて、一緒に食べるのがオランダ流!

2. サンドイッチが素朴

オランダではあたたかい食事は夜だけ。

なので、朝・昼ごはんは「サンドイッチ」率が高いです。

 

驚いたのは、家で食べられているサンドイッチの中身が素朴すぎること。

パンに「チーズだけ・卵だけ・ハムだけ…」などびっくりするくらいシンプル。

 

加えて、野菜を挟んでいるサンドイッチはあまり登場しません。

野菜がないとサンドイッチってモサモサして食べにくいと思うのはわたしだけだろうか…。

 

病院の朝食

こちらは、オランダの病院に入院した時の朝食。

パンの付け合わせが薄切りチーズとバターだけ……。泣きそうになりました。

3. 朝食のお供はチョコレート

オランダの独特な朝食の習慣としてよく話題になるのが、チョコレートをパンの上にふりかけて食べること。

朝から甘いものを食べる習慣がなかったので、最初にこれを見かけた時は大衝撃。

オランダでは朝からチョコレートも全然OKらしい。

 

バターを塗った食パンの上にHagelslagというトッピングチョコをかけて食べます。

有塩バターを使うと、甘さとしょっぱさのバランスがいい具合でさらに美味しくなります。

4. バーベキューはおうちの庭で

バーベキューと聞いてイメージする場所はたいてい河原やキャンプ場ですが、オランダ流バーベキューの定番は「自宅の庭」!

夏はみんなで外に出て、ビールを飲みながらバーベキューを楽しみます。

特に夏は夜になっても日が沈まないので、バーベキューが最高に楽しい。

 

気の置けない友人や家族との時間を楽しむ定番イベントでもあります。

オランダの家に広めの庭が多いのは、バーベキューができるからという理由もあるのかなと。

ちなみに、オランダのバーベキューコンロは丸型が圧倒的に多いです。