家族や恋人同士で。オランダで使われる5つの愛称(ペットネーム)

オランダ語

こんにちは、まと (@matotje) です。

ペットネーム」というワードを聞いたことがありますか。
家族内や恋人・夫婦などの間で呼びあう愛称のことを指します。(ペットにつける名前ではなく!)

英語でよく使われるものだと「Honey(ハニー)・Sweetite(スウィーティー)」などなど……。

日本ではあまり馴染みがありませんが、英語圏や欧州では日常的に使われています。

オランダ語の愛称(ペットネーム)にはどのようなものがあるか、よく使われているものを5つ紹介します。

Lieverd (リヴァート)

オランダで一番よく使われるペットネームが「liverd(リヴァート)」。
英語の「darling(愛しい人)」にあたります。

Hoi Lieverd!」「Dag Lieverd!」など、挨拶と合わせて語尾につけて呼ぶことも多いです。
恋人やパートナーの愛称のほか、家族間でも使える愛称なのですぐに使えますよ。

Liefie (リーフィ)

Liefie(リーフィ)」も1つめ同様、英語の「darling(愛しい人)」にあたります。

性別にかかわらず使われます。
発音がしやすいうえ、なにより響きがかわいい! 気軽に使えそうです。

Snoepje (スヌーピェ)


オランダ語で「snoep」は英語の「candy」にあたり、飴やガム・チョコレートといったお菓子類を意味します。

オランダ語では、小さいものを表現するときに語尾に「je(イェ)」が使われることがあります。「snoepje」は小さくて可愛らしいニュアンスが含まれるので、主に女性へ向けて使われるペットネームです。

Schat (スハット)

schat」はオランダ語で「treasure(お宝)」を意味します。
ペットネームがお宝って特別感が感じられる……!

親が子どもへ向けてこのペットネームを使っているのをよく耳にします。

moppie (モッピー)


最後に紹介するペットネームは、発音がポップでかわいい「moppie(モッピー)」。
英語で言うなれば「Sweetheart(スウィートハート)」。

大切な人・素敵な人・優しい人といった意味合いが含まれます。
男性へ向けというよりは、女性同士もしくは女性へ向けて使われることが一般的。

ペットネームを活用してもっと親しく

今回はオランダでよく使われているペットネームについて紹介しました。

オランダ語のペットネームを活用して、身近な人ともっと親しい関係を築くきっかけとしてください!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました