画期的かつ斬新。旬のいちご直売所に行ってみた

ライフスタイル

お元気様です、まと (@matotje) です。

5〜7月にかけてのオランダの旬ものといえば「いちご」。

いちごって、日本ではクリスマスシーズンの冬から初春にかけての果物ですが、オランダでは夏場にたくさん出まわっています。

 

最近知ったのが、日本に初めていちごを広めたのは「オランダ」だったってこと。

江戸時代にオランダから伝来したそうで、意外にもいちごで繋がっているとはびっくり。

オランダのいちご直売所

毎年たくさんのいちごをスーパーで見かける時期になると、ついに夏がきたなぁと感じます。

どこにいても、やっぱり旬ものってワクワクします。

スーパーで買う「いちご」はもちろん美味しいんですけど、せっかくなら採れたての新鮮いちごを食べたいと思い立って、ふらっと直売所に行ってきました。

オランダの旬ものいちご

ビニールハウスの目の前に、どどんっと巨大ないちごオブジェがお出むかえ。いちご栽培しているって一発でわかります。

ドライブインして、誰でも直売所の敷地内に入れるよう整備されていました。

いちごのセルフ自動販売機

直売所ってことで、人が切り盛りしているのかと思ったら……

まさかの屋外、まさかの無人直売所!

 

ずらっと一面にいちごの「自動販売機」が立ち並んでいました。

なかなかの斬新さ。

直売所は都心から離れた郊外にあるにも関わらず、意外とお客さんがひっきりなしに来てます。

自販機のボックスには2パックのいちごが入っていて、お金を払うと扉を開けて取り出せる画期的な仕組み。

2パックで €4(500円弱)でした。これは安い。

電子支払い対応でラクラク

支払いは現金(コイン)かデビットカード対応しており、さくっと支払えます。

どちらにも対応しているのが嬉しい。

オランダいちごの味は

ででん。これが今回買ってきたいちごちゃん達。

日本で食べていたもの比べると、かなり小ぶりな見た目です。

いちごのヘタの部分まで赤くなっているのでとても美味しそう。

 

食べてみた感想は……旬ものとあってバランスの良い甘酸っぱさでした。酸っぱすぎず、ほどよい酸味なんでいくらでも食べられる美味しさ。

わざわざ足を運んだ甲斐があったなぁ。

 

ちなみに、オランダ語で直売所は「stalletjes」と言います。

旬の食べ物の「stalletjes」を探してみるとたくさん直売所情報が出てくるので、暖かい日のおでかけにとってもおすすめです。

 

 

ではまた!