一度は必ず食べたい。オランダを代表する5つのおすすめ名物スイーツ

オランダコラム

こんにちは、まと (@matotje) です。

疲れたときの甘いものって癒されますよねぇ。日本のコンビニスイーツがときたま恋しくなります。

オランダではコンビニスイーツにはありつけませんが、この国ならではのバラエティ豊富な名物スイーツがあって日本とはまた違った楽しさがあります。

 

オランダのイベントや行事には甘いものが欠かせないほど、みんな甘いもの好き。

コーヒーや紅茶のおともに、オランダのスイーツをトライしてみませんか?

 

Appeltaart(アップルタルト)

オランダのほぼ全てのカフェで注文できるほど定番なのが、オランダ式の「アップルタルト」。

タルトといっても、下地がザクザクしているわけではなく中にりんごがギッッシリつまっている柔らかいケーキです。

モリモリの生クリームがオランダ流

オランダ式の食べ方は、このアップルタルトの上にさらに「生クリーム」をモリモリかけていただきます。

 

さすが乳製品大国オランダ。

 

正直なところ、生クリームを合わせると重たすぎるのでそのままお茶と一緒に食べるのが個人的にはおすすめです。

オランダ友人とアップルタルトを食べに行くと、大盛り生クリーム付きのものを数分で平らげているのを毎回横目にします。これがオランダスピリットか……。

Tompouce(トンプース)

 

オランダの洋菓子屋さんに行くと必ず見かけるのが「トンプース」。

上下のパイ生地にたっぷりのカスタードクリームがサンドされているスイーツです。

見ためほど甘すぎず食べやすいのですが、問題は食べ方がめっちゃ難しいこと。

 

外側のパイ生地に対して中が柔らかいのですぐに形がくずれてしまいます。最初に上のパイ生地を食べてから中を食べるというやり方がスムーズかも。

季節限定トンプースは必見

 

一般的にはトンプースはピンク色のものが多いですが、場所によっては異なる色合いのトンプースも見かけることも。

特に季節やイベントによって色が異なるトンプースが販売されていることがあるので、ぜひチェックしてみてください!

写真のトンプースはオランダの「Koningsdag(国王誕生日)」限定のもの。

 

チョコチップがオランダの国旗になっていてかわいい。

Bossche Bol(ボッシュボル)

 

個人的な超おすすめスイーツが「ボッシュボル」。

薄いシュークリーム生地にダークチョコレートがコーティングされており、中身はホイップクリームがぎっしりつまっています。

オランダの「Den Bosh(デン・ボッシュ)」という街が発祥なので、ボッシュボルと名付けられたとか。

 

見た目はこぶし1個分以上の大きさがあってイカツイ。

 

ですが、ホイップクリームとチョコレートが軽い口当たりなので意外にぺろっと食べられます。

デン・ボッシュ地元民なら誰もが知っているBanketbakkerij Jan de Grootのボッシュボルは格別においしいのでぜひご賞味あれ。

Poffertjes(ポファチェス)

 

オランダの伝統的なスイーツの「ポファチェス」。

ひと口サイズのパンケーキスイーツで、小麦粉とソバ粉が1:1の割合の生地でつくられています。

バターと粉砂糖をからませて食べるのが一般的。

 

 

ポファチェスは薄型のたこ焼き機のような鋳型でつくられます。

屋台スイーツとしても知られており、クリスマスマーケットやイベントの屋台では必ずといっていいほどポファチェス店が出現します。

できたてがフワフワして最高においしいです。

見かけたらぜひその場でトライしてみてください。

Spekkoek(スペッククック)

 

オランダ発祥の人気インドネシアスイーツ「スペッククック」。

アジアスーパーマーケットで売られています。

植民地時代のなごりからインドネシア料理は今でもオランダの生活では身近なもの。スペッククックはオランダで誕生しました。

カルダモンやクローブ・シナモン等のスパイスが使われていて、今まで食べたことのないようなオリエンタルな甘みがあっておいしい!

見た目はバームクーヘンっぽいですが、味はそれとはまったく違っていておもしろいです。

 

 

オランダを代表するおすすめ名物スイーツを5つを紹介しました。

 

疲れたときやごほうびにほっこりすること間違いなしのオランダスイーツ。スイーツを通してオランダをもっと味わってみませんか。

まちなかで見かけたらぜひトライしてみてください!

 

ではまた。