みんな知ってるオランダ語のことわざ12選

オランダ語

こんにちは、まと (@matotje) です。

外国語において、意味を知っていないと理解に苦労するものといえば「ことわざ」。

 

日本語でも学校で習うくらいに沢山のことわざがありますよね。

オランダ語を学んでいても頻繁に出くわします。

 

ことわざって古くから使われているものが今に引き継がれているので、お国柄が特に色濃く反映されるなぁと。

特に人生・生活に関する教訓や、ユニークな考え方を知ることができるのでおもしろいです。

言語を通して文化を学べるのがことわざの良いところ。

 

簡単シンプルなことわざでも、会話の中でさりげなく使ってみると一目置かれることがあったり。

知っておくとお得です。

今回はオランダで誰もが知っていることわざを10個を厳選して紹介します。

 

オランダ語を学んでいる方はこちらもどうぞ。

人生に関することわざ

1. Wie goed doet, goed ontmoet.

直訳 「良いことをする人は良いことに出会う」
意味 「良い行いは、自分に返ってくる

 

オランダ語の「良い」は「goed」で、英語の「good」とスペルが似ています。

心にとめておきたいことわざ。

2. Heb je geen paard, gebruik dan een ezel.

 

直訳「馬がないなら、ロバを使えばいい」
意味「他にも方法はある

 

つまるところ「どんな時でも何かしら方法・道はありますよ。」ということを示すことわざ。

 

馬の代わりに、なぜロバが選ばれたのかちょっとした疑問ですが。

行きづまった時、うまくいかない時に思い出したいですね。

3. Geld moet rollen.

直訳「お金は回さなければいけない」
意味「お金は使うためにある

日本語で言うところの「お金は天下の回りもの」。

お金は使ってこそ価値がある、ということを端的に表しています。この表現って国は関係なく普遍的な考え方なのかも。

よし、今夜はおいしいもの食べに行こう。

生活に関することわざ

4. Een kat in de zak kopen.

直訳「バッグの中の猫が買いものする」
意味「(質の悪いもの・価値のないものを)衝動買いをする。

 

オランダ語でこのフレーズが使われるのは、勢いで買ったものがすぐに壊れてしまったときや、期待以下だったとき。

買ったものが価値に見合わないことに対して使われます。

5. De kogel is door de kerk.

直訳「弾丸が教会を通りぬける」
意味「過ぎてしまったことは取り戻せない

直訳がどことなく物騒なことわざ。聞いただけでは意味の予測が難しいです。

 

ことわざの意味は、間違いや失敗は取り戻すことができないですよ、ということを表しています。

ネガティブな出来事に対して悔やんでも仕方がないというニュアンスで使われます。

弾丸が教会を通り抜けるという表現がおもしろい。