覚えておきたい不快感・怒りを表すオランダ語フレーズ15選

オランダ語

自分の感情を「言葉」できちんと伝えることって大切ですよねぇ。

日本語が使えず、しかも自分の当たり前が通じない日本の外となると、よりその重要性を感じます。

「喜怒哀楽」のうち、言い回しを知っていないと日常生活で不都合が起きやすいのは「不快感・怒り」の表現。

 

日本語だと不快な気持ちや怒っているときに直接言葉にすることってほぼなかったのですが、オランダでは言葉にしないと分かってもらえません。

逆に、相手が負の感情を発しているときに理解できなかったらトラブルになるかもしれません。

日常のあらゆる場面で役立つ不快感・怒りを表すフレーズを15個紹介していきます。

怒りの感情を表現するフレーズ

1. Ik ben boos.

(イク ベン ボース)

怒っています。

ストレートに怒っている感情を伝える表現。「boos」(怒り)の単語は特に強調します。

2. Ik haat jou.

(イク ハート ヤゥ)

あなたが嫌いです。

こんなにストレートに相手に伝えることはなかなかないかも。覚えておいて損はないフレーズ。

3. Wie denk je dat je bent?

(ウィー デンク ユ ダッチュ ベント)

あなた、何様なの?

相手の横柄な態度・ことばに対してガツンと一喝するフレーズです。かなり強めの表現なので使う相手には気をつけたい。

目の前の相手に使う怒りフレーズ

4. Wat is er mis met jou?

(ワティス エァ ミス メット ヤゥ)

いったい何考えてるの? / 頭おかしくなったの?

相手に問題があるのではないかと指摘したいときに。このフレーズで自分自身の動揺も相手に伝えることができます。

5. Ben je gek geworden?

(ベン ユ ヘク ヘウォーデン)

ありえないでしょ! / 狂ってる!

英語で言うところの「Are you crazy?」ですね。

フレーズの言い方や表情によっては「すごい!」と称賛するポジティブな表現としても使われることも。

6. Het is jouw schuld. (It’s your fault)

(ヘティス ヤゥ スフルド)

あなたのせいだよ。

相手を責めるときに使うお怒りフレーズ。口論やけんかのときによく登場します。