日本でもよく知られる3人のオランダの著名人【文化編】

カルチャー

オランダの著名人というと、だれが思い浮かびますか。

大国ドイツとフランスに挟まれ、国土面積が「九州」とほぼ同じなオランダ。

 

日本こそ小国だと思っていたら、オランダはさらに小国。でも、小さい国ながら日本をはじめ世界で知られる著名人が数多くいます。

 

今回は、文化面でよく知られているオランダの著名人5人を紹介します。

きっと耳にしたこと・目にしたことがあるはず!

Anne Frank(アンネ・フランク)

世界的ベストセラー『アンネの日記』

一人目は、誰でもきっと知っている「Anne Frank(アンネ・フランク)」。

ドイツ占領下のオランダで、ナチス迫害から逃れるためにアムステルダムで隠れて暮らしていました。

その当時の様子をリアルに記録した『アンネの日記』は、誰でも一度は耳にしたことがあるはず。

世界で3000万部以上発行されて世界中で読まれている大ベストセラー!

わたしは子どものときにアンネ・フランクのマンガ版の伝記よく読んでいたなぁ。

アンネ・フランクは生涯のほとんどをオランダで過ごしたものの、出身はドイツです。

 

ユダヤ人迫害から逃れるために家族でオランダに移りました。

アムステルダムのマダムタッソーにて

オランダを代表するひとりとして、アムステルダムにある蝋人形館「マダムタッソー」ではアンネ・フランクの展示がもれなく鑑賞できます。

ミュージアム・アンネフランクの家

Anne Frank Huis エントランス

第二次世界大戦中下の1942年からおよそ2年間にわたり、アムステルダムの自宅で隠れた生活を送っていました。

アンネが実際に滞在していたアムステルダムの家は改装されて、現在ミュージアム(アンネフランクの家  )になっています。


アンネの日記』の編纂に使われた資料の実物を見ることができます。

アムステルダムに来ることがあれはぜひおすすめしたい場所。

Dick Bruna(ディック・ブルーナ)

日本で大人にも子どもにも大人気のキャラクターといえば「ミッフィー」!

オランダの絵本作家「ディック・ブルーナ(Hendrik Magdalenus Bruna)」が生み出したキャラクターです。

 

実はわたしオランダに来るまでは日本のキャラクターと信じていて……。

なじみのあるキャラだっただけに、オランダ発のキャラクターだと知ったときは驚愕(笑)

オランダでは「nijntje(ナインチェ)」という名前で親しまれています。

オランダは、ミッフィーのふるさと。

ということでオランダ国内のいろいろな場所で、ミッフィーにお目にかかれます。

個人的なお気に入りは、アムステルダムにある宝飾店「Royal Coster Diamonds」前にたたずむミッフィー。

国内でいちばん光り輝いていること間違いなし。

ミッフィーの誕生

ミッフィーの誕生は、ディックブルーナが1955年に文字のない絵本を発行したことがきっかけ。

誕生から60年以上もの年月が経っているというから驚き。

ミッフィーの絵本では、キャラクターはいつも正面を向いていて横顔がありません。

 

その理由は、ディックブルーナの下記のこだわりから。

嬉しいときにも悲しいときにも目をそらすことなく、子どもたちの正直なまっすぐな目に応えたい

温かみがあって親しみやすいキャラクターのベースにはこういった想いがあったんですね。

 

世界中で親しまれている理由がうなずけます。

Nijntjeビスケット

ちなみに、オランダのスーパーに売っているミッフィービスケットはおすすめ。

赤ちゃんから食べられるベイビービスケットです。

包装も中身もミッフィーづくしで可愛いので、おみやげとしても◎

 

Spinoza(スピノザ)

今でもたくさんの人に読まれる『エチカ』

オランダを代表とする哲学者といえば「Baruch De Spinoza(バールーフ・デ・スピノザ)」。

日本ではスピノザの名前でよく知られています。

スピノザといえば、名著『エチカ』。NHKの「100分 de 名著」の題材にもなっています。

 

エチカの意味とは

エチカは直訳で「倫理学」という意味。

シンプルに言えば「どのような生き方をすればいいか」という深いテーマについて問いつめている書籍です。

実はスピノザの死後に出版されています。

 

300年以上も前の本が現代でも残りつづけていることを思うと、その影響力の大きさは絶大。

 

思いつきもしないような斬新な善・悪の考え方や、自由に対する見かたなど、新しい価値観に出会えること間違いなし。

どことなく行きづまり感を感じているときや、新しい考え方に触れたいときにぜひ手にとってほしい本。

 

教養としても一度は読んでおきたい一冊です。

 

 

文化面で知られるオランダの著名人3人を紹介しました。
関連する書籍や作品・ミュージアムなど、より深掘りするきっかけになったら嬉しいなぁと。

オランダの著名人(芸術・美術編)はこちらで詳しく紹介しているのでこちらもぜひ。

 

ではまた!