近未来フード。昆虫入りピーナッツバターを試してみた

ウェルネス

栄養価が高く環境にもやさしいということで、注目されている「昆虫食」。

オランダでもちらほらと見聞きすることが多くなってきました。

 

わたしは日本のド田舎村出身で、小さいころから「イナゴの佃煮」をおやつ代わりに食べてました。

いわば地元のソウルフード。

なので昆虫食にはあまり抵抗がなく、むしろ積極的にトライしてみたいなと(笑)

 

ひょんなことで、このあいだスーパーに行ったら「昆虫入り」のピーナッツバターを発見。

せんべいやお肉になっている昆虫食を目にしたことはありましたが、ピーナッツバターまであるとは。

ピーナッツバター大好きなオランダならではです。

 

さっそくどんな味がするのかじっくり試してみました。

※虫が苦手な方は閲覧ご注意!

 

オランダの食文化について、詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

昆虫食とは

昆虫食とは、その名のとおり食用の虫を原料につくられた栄養価の高い食品です。

質のよい脂質とたんぱく質が豊富なことに加えて、ミネラルもたっぷり。

家畜と比較すると可食部分がとても多く、環境への負担が少ないということで次世代フードとして注目されています。

 

日本と昆虫食はつながりが深く、江戸時代や大正時代などかつては盛んに昆虫を食べていたとか。

なんともびっくりな話。

これからの食料難を救うヒーロー

国連のレポートによれば、2050年までに世界の人口は100億人を超えると予想されています。

 

そうなると問題になってくるのが、食料問題。

ふだんの生活ではピンときませんが、それだけの人口の食料をどうやってまかなうのかということが課題となっています。

 

そこで注目されるのが「昆虫食」の活用。

農耕とちがって昆虫の養殖には広い土地は必要なく、温室効果ガスの発生も少ないことからますます期待が高まります。

昆虫入りピーナッツバター

さわやかなパッケージ

これが、昆虫入りピーナッツバター。

なんともお洒落な感じの外装。パッと見では昆虫入りって分かりません。

 

成分表示を見てみると、ピーナッツバターに入っている昆虫は「ミールワーム」。

ゴミタマムシ科の小さな幼虫で、釣りエサとしてもおなじみです。

 

ピーナッツバター自体はオランダではとても人気のパンのお供。

食物繊維・たんぱく質のほか良質な油も含まれているので、美容食品としても知られています。

 

原材料はとてもシンプル。無糖で甘くないタイプのピーナッツバターです。

原材料:ピーナッツ・とうもろこし・小麦粉・ソバの実・植物油・ミールワーム

昆虫ピーナッツバターの中身

さっそくフタを開けてみました、ででん。

ピーナッツバターに混ざっているのかと思ったら、まさかのミールワーム上乗せ!

幼虫が丸見えで、斬新すぎる見ため。

上に乗っているミールワームは、乾燥していてカラカラしてます。

これまで生きてきたなかでミールワームって食べたことがないので、どことなく口に入れるのが緊張。

つぶつぶが沢山のピーナッツバター

スプーンですくってみると、中身はピーナッツ・とうもろこし・そばの実のつぶつぶがたくさん。

食べごたえありそうです。