一度は訪れたい真っ白なオランダの街「トールン」の3つの見どころ

観光・おでかけ

白い街、と聞いたらどこを思い浮かべますか。

ヨーロッパには各地に白い街があります。

有名どころでぱっと思い浮かぶのは、ギリシャの「ミコノス島」やスペインの「ミハス」などなど。

 

実は、オランダにも白い街(村)があります。

とても小さい区画なので大々的に知られてはいませんが、その街並みの美しさから密かな人気スポット。

スカッと晴れた週末に行ってきました。

オランダの白い街トールン

Thorn(トールン)」は、オランダ南部のリンブルフ州にある小さな街です。

ベルギーの国境に近く、端正に立ちならぶ白い街並みが美しいことで知られています。

トールンの歴史

Thorn(トールン)の町旗

トールンはもともと10世紀末(中世)に修道院が建てられてから、およそ800年にわたり貴族の女性たちによって統治されていた街です。

800年ってとんでもない年月。

 

18世紀に入ってフランスの支配下になると富裕層は街を逃げだして、貧しい人々が最終的に街に残されます。

なぜトールンは白い街?

フランスの統治下では、家の窓の大きさをもとに税金を課していました。

街に残った貧しい住民は、この税金をおさえるためにレンガで窓を埋めて、その痕跡をかくすためにレンガを白く塗ります。

 

トールンの街並みが白い理由は、このことがはじまりと言われています。

トールン街歩き

駐車場のウェルカムボードと街案内

トールンは小さい街なので、1-2 時間あればで気軽に歩いて回ることができます。

街には観光者向けの駐車場がいくつかあって、車でのアクセスが便利。

駐車場にはウェルカムボードとトールンの地図がお出むかえ。

看板にはオランダ語で「het witte stadje(白い街)」の表記が。

オランダ語で街は「stad」という単語で、語尾の「je」はそれが小さいことを表します。つまりこじんまりとした小さい街ですね。