日本でもよく知られる4人のオランダ著名人【芸術・美術編】

カルチャー

オランダは美術館大国。

首都アムステルダムは、なんと街の人口密度あたりの美術館の数で世界一

国内いたるところに美術館があります。

ゴッホやフェルメール、レンブラントなど世界有数の名画を生みだしたオランダはまさにアート大国。

今回は、そんな芸術・美術の分野で日本でもよく知られてる4人のオランダ著名人をたっぷり紹介していきます。

Rembrandt(レンブラント)

オランダ黄金時代の巨匠

ヨーロッパ美術史において、欠かせない人物といえば巨匠「レンブラント(Rembrandt Harmenszoon van Rijn)」。

オランダの黄金時代とよばれる「17世紀」を代表する画家です。

 

ライデンという街の出身で、父親は製粉業を営んでいました。

オランダ国内最古の大学である「ライデン大学」に一時期在籍していたものの、芸術家としての道を志すことを決めて退学しています。

レンブラントは若くして成功した芸術家で知られていて、なんと18歳という若さで画家として独立したというから驚き。

晩年は、浪費癖が響いて多額の借金をかかえた末に自己破産しています。

老年期は苦しい暮らしを送っていたようです。まさに激動の人生。

一生に一度は見ておきたい《夜警》

レンブラントの代表作といえば《夜警》。

光と影の画家」という異名をもち、夜警はレンブラントの最高傑作と言われています。

 

まるでスポットライトが当たっているような緻密な光の表現が特徴的です。

自然な明暗と輝きを描く技法は、まさに光と影の魔術師。

アムステルダム国立美術館 (Rijksmuseum)」の大広間に展示されており、その美しさと大きな絵画はいつ見ても圧倒されます。