オランダのダイナミックな卵工場見学

観光・おでかけ

卵を食べない日はないほど卵が好きです。

ゆでたまご・オムレツ・スクランブルエッグ・ポーチドエッグ・プリン……。七変化する卵料理は飽きがこない美味しさ!

完全栄養食品とよばれるほど栄養価も豊富で、生活の貴重なタンパク源です。

 

この周知の卵好きが高じてか、友人の誘いをうけてオランダの「Limburg(リンブルフ)」にある卵工場に行くことに。

お店で販売されている卵たちの舞台裏、見学してきました。

 

オランダの卵

オランダの卵工場に行ってきました。

リンブルフの広大な敷地にたたずむ工場の周りは、養鶏場もたくさん。

ちょっと見えにくいですが、写真の奥の方に見えるのが贅沢に放し飼いされている鶏たちです。

卵の飼育環境

IEC(国際鶏卵委員会)のデータによれば、オランダで鶏のケージ飼いはおよそ15%で、その他は平飼い・放し飼いされています。

世界全体ではケージ飼いが一般的なので、オランダの平飼い・放し飼い率は目を見張るほど高いです。

卵工場の中へ

工場につながっている入り口ドア。

卵がマスクしているイラストがじわじわくる。

ここでは卵自体を生産しているわけではなく、農家さんから卵を集めて選別・梱包・発送を一挙に担っている工場です。

卵の搬入

中に入ると、早速巨大なトラックから積み下される卵を発見。

ちなみにオランダ語で卵は「ei(複数形は eiren)」と言います。

大量!

卵のための紙トレー

中に入って目に飛び込んできたのは、大量の卵のための梱包材。

オランダでは、プラスチックではなく「紙製のトレー」が一般的で紙材が山のように積まれています。

卵が選別される前の保管庫。

こんなにたくさんの卵を一度に見たのは人生初、まさに卵パラダイス。

写真からだと、ただの倉庫に見えますが実は0度近い温度の巨大冷蔵庫になってます。凍えるほど寒い〜。

これも選別前の卵たち。

こちらが卵を選別する機械。

卵に記載されている番号や文字情報を自動で読みとって選り分けされます。

工場が忙しくなる時期を聞いてみると、クリスマスが1番の繁忙期でその次がイースターの季節とのこと。

クリスマスの時期が繁忙期のピークってのが意外でした。

トレー専用の洗浄機

これ、何に見えますか。

くり返し使える卵専用トレーで、この工場ではこのトレーを集めて洗浄処理をしているところでした。

他の卵工場にはないシステムらしく、この場所で一括で洗浄処理を引き受けているとか。

池のように巨大な水槽にこのトレーを沈めて一挙に汚れを洗い流します。

卵を運ぶために使われるクレート。

オーダによっては、このクレートの色も選べるそう。オレンジ色とかオランダらしくていいですね。

イースター用のカラフル卵


卵の外側を色づけした「カラフル卵」を個別で販売しているとのことでしたが、今回は機械が稼働していないためお目にかかれずでした。

動画を見るとざくっと一連の工程が見れます。

色づけをする機械のスピードがとんでもなく早い。

 

イースターの時期にたくさん出荷されているようです。生で見たかった…!

リンブルフは国境に近いので、オランダ国内だけではなくドイツやベルギーにも卵が出荷されています。

特にドイツではこのカラフル卵が人気だそうな。

 

いつもはスーパーで卵を買うだけですが、今回の工場見学で卵が出荷される前の裏側を見ることができて視点が変わりました。

そしてお土産はもちろん卵!

これからもお世話になります。

 

ではまた!