衝撃の事実。オランダで驚いた6つのカルチャーショック(生活編)

ライフスタイル

こんにちは、まと (@matotje) です。

カルチャーショックを体験したことはありますか。

旅行や観光、長期滞在など海外へ行ったときには多かれ少なかれカルチャーショックがつきものですよね。とはいえ、その経験こそが醍醐味でもあります。

カルチャーショックを体験することって、外の視点から母国を見つめ直すことだと思っています。

今回は、これまでのオランダ生活で個人的に衝撃を受けたカルチャーショックについて紹介していきます。

1. 食生活が素朴でシンプル

温かい食事は1日に1回

オランダに来ていちばん始めに体感したカルチャーショックは「食生活」がとても素朴なこと。

オランダの1日の食事は「朝はパン・昼もパン・夜だけ温かい食事」が一般的です。

米を食べて育った身としては、朝・昼ともにパンを食べるとさすがに飽きます。そして1日のなかで温かい食事が1回だけというのは衝撃。正直もの足りない……!

ランチは手軽なサンドイッチ

ランチは手軽なサンドイッチが好まれます。

オランダで電車に乗っていると、カバンから「食パン&チーズ」とり出してマイサンドイッチを作っている人をよく見かけます。マイ箸ならぬマイサンドイッチ

日本では、グルメ番組が頻繁に放送されていたり、家族や友人との会話には旬の食べものやおいしいレストラン・カフェの話題が自然に出てきますよね。

ふり返ってみると、オランダでそういった経験がほとんどありません。

もちろんオランダにも食通や美食家はいて、旬の食べ物もあるので一緒くたにはできませんが、日本の食文化と比べると、オランダでの「食」は生きていくための栄養補給ためのもの、という印象が強いです。

衝撃のショウガティー

ショウガティー

レストランで注文したショウガティー

レストランでショウガティーを注文したところ、運ばれてきた状態にびっくり。

カットされたままの生のショウガがお湯にどぼん。

すりおろされていると思っていましたが、予想の斜めうえのショウガティー。ぶっちゃけ家でもできる。シンプルもここまでくるとカルチャーショックを通りこします。

2. 誕生日は自分から祝う

誕生日というと通常は周りの人に誕生を祝ってもらう日ですが、オランダの誕生日は自分から祝います。

一般的には、自分の家を一日開放して友人やお世話になっている人を家に招きます。招待するときは直接伝えるか、手紙を出してお知らせすることもあります。

当日来てくれたゲストには、お茶とケーキでおもてなしをします。

誕生日に家へ招くときは、家のリビングルームに椅子で簡単なサークルをつくり、訪問したゲストはそこに座ってもらうことが多いです。

知っている人、知らない人もたくさん入り乱れるなか、サークル椅子に座って祝う誕生日はどことなく落ちつかないのが正直なところ。

いまだにオランダ式誕生日には慣れませんが、オランダのお家訪問は単純に楽しいです。

3. トイレの水を飲料水として利用する

これは友人と出かけたときのカルチャーショック。友人がひと言「水筒の水がなくなった」と言ってトイレに直行。

何をするのかと思ったら、なんとトイレの洗面所の水を水筒へ補充している……!

日本で同じことをやったらかなり奇怪じゃないですかこれ。

たまたま友人の慣習がなのかと思いきや、トイレでこの光景を頻繁に目にしていることに気づきました。どうやらオランダではトイレの洗面所の水を飲料水として利用する人が多いようです。

個人的に度肝を抜かれたカルチャーショック。

水質が良いオランダの水道水

ちなみにオランダの水道水は、塩素を使っていないので赤ちゃんが飲めるくらいきれいな水質と言われています。

とはいえ、飲める飲めない以前に衛生的によろしいのか…考えずにはいられません。

4. 食器用洗剤を洗い流さない

オランダでは、食器洗いのあとに食器用洗剤が完全に洗い流されないことが多く、そのまま残されていてもよしとされます。

お皿やコップに洗剤の泡が残っているのが気になって仕方ないのですが。

ダスターで拭きあげるのだから問題ないでしょ、と言われましたがポイントが違うような。

5. 自転車以外も走るカオスな自転車ロード

最後に紹介するオランダのカルチャーショックは、オランダの自転車道について。

日本で自転車で走行するときは車道の端を走りますが、オランダでは専用の自転車道がどの場所でも整備されています。

整備されているのはうれしいですが、衝撃を受けたのは自転車以外も走行していること。

たとえば、スクーター電動カート(シニアカー)などが挙げられます。ランニング中のランナーやローラースケーターを見かけることも。

わたしは自転車に乗ることには慣れているつもりでしたが、初めてオランダで自転車に乗ったときは、自転車道のカオスっぷりに驚愕しました。加えてオランダの自転車はブレーキがペダル式(フットブレーキ)であることが一般的なので、なおさら危ないです。

自転車道の真ん中や左側を走るとスクーターに轢かれそうになるので、車と同様に右側通行を忘れずに!

違いがおもしろいカルチャーショック

今回はオランダでわたしが体験して衝撃だったカルチャーショックを5つ紹介しました。

日本の当たり前を前提としてオランダで生活していると、度肝を抜かれるカルチャーショックがたくさん。

カルチャーショックはもちろん楽しいことばかりではないですが、この体験を通して現地の考え方や文化をよりディープに理解することができて、暮らしやすくなりました。

そのほか、オランダの面白カルチャーショックがあればぜひ教えてください。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました