オランダ土産で外せない! フェアトレードの先をゆくトニーズ・チョコロンリー

サステナブル

こんにちは、まと (@matotje) です。

世界中で多くの人に愛されるチョコレート

オランダ土産といえば、チーズやチューリップ、ミッフィーちゃんグッズなどが浮かびますが、わたしはいつもオランダ発のチョコレート「Tony’s Chocolonely(トニーズ・チョコロンリー)」をオランダ土産として購入します。

チョコレート生産において「搾取される人・児童労働」をなくすチョコレートづくりを掲げて、オランダから世界へと拡大を続けているチョコレートメーカーです。

いつもとは違ったストーリーのあるトニーズ・チョコロンリーをオランダ土産に加えてみませんか?

今回はオランダのトニーズ・チョコロンリーについて詳しく紹介します。

トニーズ・チョコロンリーとは?

オランダ発のチョコレートメーカー

トニーズ・チョコロンリーとは、オランダ発の「チョコレート」メーカーです。

100%スレイブフリー(チョコレート生産の奴隷となる人がいない)チョコレートづくりを行っており、こだわりのチョコレートがオランダ国内外で注目を浴びています。

ヨーロッパのサステナブルブランドとして「オランダ」で過去2年連続トップ入りをしているほか、2015年にはアメリカにも進出しました。

オランダで最も勢いのあるチョコレートメーカーです。

トニーズ・チョコロンリーのはじまり

トニーズ・チョコロンリーのはじまりは、オランダ人ジャーナリストのTeun van de Keuken氏(英語名 Tony)が、オランダのテレビ番組に携わったことがきっかけでした。

テレビ番組ではアフリカのカカオ農場が特集され、Tony氏は児童労働の現状を目の当たりにして、衝撃を受けます。

現在、世界の8割以上のカカオはアフリカで生産されており、児童労働や不公平な賃金で働く生産者の苦しい実態が続いています。

カカオ生産の現状・裏側はこちらの書籍に分かりやすく書かれています。

『チョコレートの真実』

カカオ生産のずさんな現状を目の当たりにしたTony氏は、チョコレートが生産されてから販売までに、関わるすべての人が搾取されることがない「スレイブフリー」なチョコレートを作ろうと立ち上がりました。

Tony’s Chocolonely(トニーズ・チョコロンリー)
・拠点: アムステルダム
・生産開始: 2005年
・公式サイト: Tony’s Chocolonely
・購入できる主な場所:オランダのスーパーマーケット

トニーズ・チョコロンリーに込められた想い

トニーズ・チョコロンリーのミッションは、

100% slave free the norm in chocolate

スレイブフリーのチョコレートが世界中で当たり前となることです。

トニーズ・チョコロンリーが創業される前、発案者のTony氏は、このミッションを実現しようと多くのチョコレート企業に声をかけましたが、まったく相手にされませんでした。

誰も協力してくれないなら、自分でチョコレートを作ろうと誕生したのがトニーズ・チョコロンリーです。

ブランド名がチョコレートではなく「チョコロンリー(Chocolonely)」なのは、当時誰からも相手にされなかった孤独(lonely)感を現しているとのこと。

サステナブル × スレイブフリー

トニーズ・チョコロンリーの元となるカカオの生産地は「ガーナ」と「コートジボワール」。
この2つの国はカカオ生産において、とくに生産者の搾取が行われている国です。

トニーズ・チョコロンリーは、生産者の搾取が行われないスレイブフリーを実現するために、5つのルールを掲げています。

1.  生産元の追跡可能なカカオの使用
2.  高水準の労働賃金
3.  生産者と長期の関係を築く
4. 強靭なカカオ生産者のためのサポート
5.  生産力向上とカカオへの依存を減らす

ミッション、5つのルールは公式サイトにより詳しく掲載されています。

サプライチェーンを徹底的に透明化することに重きを置いて、生産者と密に連携してチョコレートが生産されていることが伺えます。

環境への配慮もされており、外側のパッケージは適切に管理された木材から作られた紙(FSC認証)が利用されています。

オランダのお土産に最適のトニーズ・チョコロンリー

豊富なフレーバー

カラフルポップで見た目もかわいいトニーズ・チョコロンリーは、オランダ土産としても最適!

日本では出会えない、めずらしいフレーバーも沢山あるんです。

現在メインで販売されているのは以下の9種類です。

・ ミルクチョコレート 32% 
・ エキストラダークチョコレート 70%
・ 海塩ミルクキャラメル 32%  
・ ダーク塩アーモンド 51% 
・ ダークミルクプレッツェルトフィー 42%
・ ダークピーカンココナッツ 51%
・ ミルクヘーゼルナッツ 32%
・ ミルクハニーアーモンドヌガー 32%
・ ホワイトラズベリーポッピングキャンディー28%

わたしの個人的なおすすめは「海塩ミルクキャラメル32%

しょっぱいものと甘いものの組み合わせって最強すぎませんか……。
小さな塩風味の粒がチョコレートに入っており、チョコレートとのバランスが絶妙です。

1個あたり180gとボリュームがあり、食べごたえも抜群。

カラフルかわいいパッケージ

トニーズ・チョコロンリーは、パッケージもカラフルポップでかわいいです。
どのフレーバーもビビッドカラーで目をひくので、一発でトニーズ・チョコロンリーと分かります。

イースター限定ミルクチョコレート

季節によっては限定版のチョコレートも販売されており、パッケージに惹かれてついつい買っちゃいます。

一度は訪れたいトニーズ・チョコロンリー直営店

アムステルダムに訪れたら、トニーズ・チョコロンリーの製品が実際に購入できる直営店「Tony’s Chocolonely Super Store」は必見です。

直営店はオランダのなかでもアムステルダムにのみ出店しています。

各フレーバーの試食ができるので、気になる味はここでじっくりと試すことができます。

トニーズ・チョコロンリーグッズも手に入る

アムステルダムの直営店では、チョコレートだけではなくグッズも手に入ります。

トランプカードやTシャツ、ノートブックなど心躍るグッズがたくさん。

その場で自分だけの「カスタマイズチョコレート」を作ることもできます。遊び心いっぱいの店内の空間にいるだけでも楽しいです。

ショップはアムステルダム中央駅を出て5分ほど歩いた先の中心街にあります!

アムステルダムを訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

Tony’s Chocolonely Super Store     ※2020年6月時点
・営業日: 祝日除き毎日
・時間: 10:00 – 21:00
・住所: Oudebrugsteeg 15, 1012 JN Amsterdam     

オランダ土産はトニーズ・チョコロンリー

今回は、オランダ発チョコレート「トニーズ・チョコロンリー」について紹介しました。

おいしいチョコレートはどこにでもありますが、人・環境にもこだわり抜かれて作られたチョコレートはオランダならでは。

チョコレートは通常サイズのほか、小分けの一口サイズも販売されているのでお土産にもぴったりです。

おいしいチョコレートを通して、社会問題を考えるきっかけをくれる「トニーズ・チョコロンリー」ぜひお試しあれ。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました