おいしく社会貢献。トニーズチョコロンリーの新作チョコを試してみた

オランダコラム

こんにちは、まと (@matotje) です。

オランダ発のチョコレートメーカーといえば「Tony’s Chocolonely(トニーズ・チョコロンリー)」。

カラフルなパッケージが特徴的な、今やオランダ国内外で人気のチョコレートメーカーです。

こないだ買い物していたときに、期間限定で発売されている新作チョコレートを発見。

 

およよ、どこかで見たことのある見覚えあるパッケージ……?

 

トニーズ・チョコロンリーの新作商品

トニーズ・チョコロンリーの魅力

おいしいチョコレートを作ることだけではなく、チョコレート生産に関わるひと全てを幸せにすること第一に掲げているトニーズ・チョコロンリー。

味のバリエーションが豊富でカラフルポップな見た目が特徴です。

過去にはオランダの「サステナブルブランド」ランキングで第1位に選ばれています。

 

トニーズ・チョコロンリーについてはこちらで詳しく紹介しているのでぜひ。

限定キャンペーン「Sweet Solution」

そんなトニーズ・チョコロンリーから新作商品が発売!

キャンペーン名は「Sweet Solution」。

トニーズ・チョコロンリーは「チョコレート産業」の生産過程で搾取される人がいない「スレイブフリー」のチョコレートづくりを掲げています。

創業から10年以上経ちますが、チョコレート産業はいまだに安い賃金でカカオ生産に従事する人によって成り立っているのが現状。

 

その状況に警鐘をならすため、誰もが知っているチョコレートにそっくりの新作商品が「Sweet Solution」というキャンペーンで発売されました。

このシリーズ商品の利益はすべて「100 WEEKS」という貧困地域をサポートする慈善団体へ直接寄付されるとのこと。

 

おいしくて社会貢献もできるチョコレート。どんなもんか食べてみました。

細長ウエハースチョコ風トニーズ・チョコロンリー

早速買ってきた1個目をトライ。

これは…あれですね。

世界中で大人気のキッ○カットを模したチョコレート。

包装を開けると、金色の包み紙にチョコレートが包まれてました。

ちょっとした特別感があります。

中身はバー状に割れ目が入っていて、かたちもそっくり。

パキッとタテに割って食べやすいようになってました。

食べてみると、トニーズ・チョコロンリーの濃厚なチョコレートの味はそのままに、食感はパフ入りでサクサクしています。

 

かなりのボリュームがあるので、数日かけながらティータイムに少しずつ食べるのがよさそう。

 

 

ヘーゼルナッツ味のトニーズ・チョコロンリー

キャンペーン商品2つ目は、日本でもよく見かけるフェレロ・○シェのチョコレート風。

パッケージを見ただけで直感的に連想できてしまうデザイン力がすごい。

中身はまるく切り込みが入っていて、見た目もかわいい!

左中央には、壊れたチェーンのデザインが。

チョコレート生産において搾取される状況の「負の連鎖を断つ」という意味が込められているそう。

味は想像通りヘーゼルナッツ味のチョコレートでした。

とにかく味が濃ゆい!

ヘーゼルナッツの濃厚な味が口いっぱいに広がるので、少しだけでも十分満足できました。

 

今回は2つの限定チョコをトライしました。

おいしいチョコレートを食べながら、寄付もできる社会貢献型のチョコレート。

チョコレート生産の裏側についても改めて考えさせられます。

軽やかポップなアプローチで、ディープな問題の解決に挑戦するトニーズ・チョコロンリーの挑戦、今後の展開も楽しみです。

 

 

ではまた!