オランダのコロナ対策と在宅5週間目の暮らし

ライフスタイル

こんにちは、まと (@matotje) です。

世界中でコロナ感染が拡大していますが、こんなことになるとは年明けにはまさか想像もしていませんでした。
オランダはじめ、ヨーロッパ各国でもコロナ感染が猛威をふるっています。

コロナ感染が拡大し、不要不急の外出を控えて在宅生活も5週間目に突入しました。
外出が気軽にできる状況ではないですが、オランダでは珍しく連日の青空お天気が続いており救われます。

4月26日時点での在宅おこもり暮らしの状況と、オランダのコロナ対策をまとめました。

現在のオランダ状況

オランダの感染状況

出典: RIVM Committed to health and sustainability

国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の最新統計によれば、2020年4月26日時点で、オランダ国内の新型コロナウイルス感染者数総計は37,845人(うち死者数4,475人)です。

オランダの首都Amsterdamでは約60人の感染が確認されています。

上のオランダ国内の感染者数を表すデータでは、色が濃いほど感染者数が多くなっており、南に位置するブラバント州の感染者が非常に多いです。

出典: RIVM Ontwikkeling COVID-19 in grafieken

上記のデータは、オランダの入院者数(集中治療室を除く)を表すグラフです。

3月のピーク時には1日に500人を超えている日もあり、かなり逼迫していた様子が伺えますが、3月なかばを境に減少していることが見てとれます。

国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の最新データは毎日14時前後に更新されています。

こちらから最新の情報をチェックできます。

飲食関連店はテイクアウトのみ

4月26日現在、レストランやカフェなど飲食関連は現状テイクアウトもしくはデリバリーのみ許可されている状況です。

5月19日まで、通常営業は感染拡大のリスクがあるため禁止されています。

外食やカフェへふらっと気軽にと行けないのは残念ですが、そのかわりに最近は宅配デリサービスを利用しています。


あん
オランダでは、イギリス発サービスの「Deliveroo」や「Thuisbezorgd.nl」といったデリバリーフードのアプリが人気で、わたしもよく利用しています。

一時はスーパーが買い占め状態に

3月に入って感染者が増え始めていたころは、スーパーは一時買い占め状態となっていました。普段の生活ではありえない、初めての光景に驚きです。

トイレットペーパー・パスタ・卵が売り切れ

トイレットペーパーやキッチンペーパーの棚は空っぽになっています。
家にストックがあっても買い占める理由とは…?
万が一ストックが無くなったときのことを考えずにはいられないということでしょうか。

パスタや卵も棚も売り切れになっていました。

うちでは卵が好きすぎて週に20個くらい消費するのですが、すぐに手に入らないのは個人的に辛かった…。
今は在庫が拡充され問題なく手に入ります。

スーパーでは巨大カート利用が必須に

スーパーでのコロナ対策として、人と人との距離を取るために巨大カートの利用が必須になりました。
日本のような小型のやつではなく、その2倍くらいあるあのジャンボなお買い物カートです。
身体の大きさからして、このカートは買いものしにくくて好きじゃないのですが…。

最近は巨大カートと一緒に、よたよたしながら買いものをしています。

ガラガラの公共交通機関

いつも利用する街デン・ハーグの駅です。

普段は人通りが激しいこの駅も、今は行き交う人はまばらで駅内もひっそりしていました。

車両に誰もいない地下鉄

薬局に行く必要があったので先日地下鉄メトロを利用しました。しかし近未来かと思うくらいガラガラ。
わたしが乗った車両は自分以外誰もいませんでした。ポツリ…。

オランダの主なコロナ対策

4月21日にオランダ政府の公式記者会見があり、新たなオランダのコロナ対策が発表されました。

感染者増加のスピードやICU病床占有数の減少はしつつあるが、第二波を防ぎ、医療の逼迫状態を緩和させるため、引きつづき外出は控えるようにとのこと。

以下、会見で発表された対策の主なポイントです。

引き続き必要がないかぎり最低限の外出にとどめる
外では1.5メートル間隔をあける
フェスティバルやイベントは8月31日まで禁止
人との接触が必要なサービス業および飲食店は5月19日まで閉鎖

人との接触が必要なサービス業とは、美容院や整体・マッサージなどが挙げられます。

より詳しく記者会見内容を知りたい方は、オランダ大使館の「新型コロナウイルス感染状況」から確認ができます。

おうち時間をじっくり味わう

オランダでのコロナ感染の拡大はだんだんと落ち着きつつある状況で、やっと終息の兆しがかすかに見えてきました。けれど、まだ気を抜くことはできなさそう。

ここまで徹底的に家にいることも人生のうち滅多にないかと思うので、いっそのことプロジェクトと思って最近はおうち時間を味わっています。

とにもかくにも健康第一で。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました