暮らしに役立つオランダ語の長い4つの単語

オランダ語

こんにちは、まと (@matotje) です。

オランダでは80%以上の人が流ちょうに英語を使いこなします。そのためオランダ語が話せなくても生活にまったく困らないんです。

とはいえ少しでもオランダ語でコミュニケーションが取れるとよりディープな交流が楽しめることもまた事実。

オランダ語の語彙力を強化すべく奮闘していますが、2, 3個以上の単語を組み合わせたながーい単語が多くひと苦労しています。

今回は備忘録もかねて、暮らしに役立つオランダ語のながーい単語4つを紹介します。

1  Ziektekostenverzekering – 健康保険

img-health

Ziektekostenverzekering(ズィークテコステヴァゼーケェリング)」健康保険を意味しています。

英語と同じアルファベットを使用しているはずなのに、なぜか全く異なる文字記号に見えてくる…。

 

ひと目見ただけではわかりませんがこの単語は3つのワードから成り立っているんです。

Ziekte(病気の)+ Kosten(費用)+ Verzekering(保険)

Verzekering 」という単語は保険を意味しており、他にも以下の合体ワードがありますよ。

    • 生命保険   Levensverzekering(レーベンスヴァゼーケリング)
    • 自動車保険  Autoverzekering(オートーヴァゼーケリング)
    • 葬儀保険   Uitvaartverzekering(アウトバートヴァゼーケリング)

オランダではすべての人が健康保険への加入を義務付けられており、民間の保険会社のうち自身で1つを選択して申し込む必要があります。

Verzekering」を調べるとたくさんのオランダの保険を見つけることができますよ。

2  Levensverzekeringsmaatschappij – 生命保険会社

insurance

Levensverzekeringsmaatschappij – 生命保険会社

2つめは「Levensverzekeringmaatschappij( レーベンスヴァゼーケリングスマースハッパイ)」生命保険会社という意味です。

繰りかえしていると魔法の呪文のように聞こえますが、オランダ語の単語です(笑)

 

Leven(生命)+ Verzekering(保険)+ Maatschappij(会社)

 

オランダ語の保険「verzekering」という単語に人生を意味する「Leven」を合体させると生命保険という単語のできあがり。

Levensverzekering(生命保険)」の「maatschappij(会社)」= 生命保険会社

日本語の漢字はそれぞれの文字が意味を持つのでここまで長い単語はありませんよね。漢字の便利さをオランダ語を通して実感します。

3  Geneesmiddelenvergoedingssysteem – 医薬品返金システム

medicine-reimbursement

Geneesmiddelenvergoedingssysteem – 医薬品返金システム

Geneesmiddelenvergoedingssysteem(ヘネスミデレフーディングスィステーム)」もはや長すぎてアリの行列に見えてきますね。

オランダの健康保険に該当する医薬品を購入した場合は返金されるという制度です。

単語の中に含まれている「en」は英語で言うところの「and」にあたりオランダ語の接続詞です。

この単語を分解してみるとこうなります。

Geneesmiddel(薬)+ en(and)+ vergoedings(払い戻し)+ systeem(システム)

これをスラリと言うのは至難のわざ!

この単語は早口言葉レベルなんじゃないかと…。

4  Identificatienummer – 識別番号

idenficationnumber

長いお役立ちオランダ語の単語4つ目は「Identificatienummer( アイデンティフィカーチーナマー )」

直訳すると「識別番号」ですが、実生活では書類やメールに記載されている個人番号を意味することが多いです。

2つの単語が合体しています。

Identificatie(識別) +  Nummber(番号)

たとえば郵便受けに郵送荷物の不在票が入っていた場合は、そこに記載されているお問い合わせなど郵便の番号に対してIdentificatienummerを使うことがあります。

まずは簡単で短いオランダ単語から

暮らしに役立つオランダ語の単語4つを紹介しましたが、結局のところ短い単語が合体されて長い単語が成り立っています。

見づらくながーい単語を見かけたら、まずは知っているシンプルな単語がないか見てみるのがおすすめ。

わたしのオランダ語奮闘ライフもまだまだ続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました